.

社会記事 「NHK受信料支払い停止運動の会」は徹底抗戦の構え

◇相変わらずNHK職員による不祥事が続いている。そんな中、NHKは料金不払いを続けている国民に対して、民事督促をおこそうとしている。公共放送であるNHKが、自ら起こした不祥事の責任や、報道における政治介入の疑惑について明らかにしないまま、国民に対して民事督促を行おうというのは何とも理解に苦しむ。NHKは、公共放送ではあるが、放送メディアが多角化した今、全ての家がNHKの放送を必ず見ているとは言えない。テレビメディアは何もNHKだけではないのである。民放でも「知りたい情報」は知ることができるわけで、公共放送に近い役割を果たしている。それに、最近の若者一人暮らしの家では、テレビ等見ず、パソコンでのみ情報を把握している人もいる。テレビを見ない人やNHKの放送に全く興味が無い人には、NHKの放送を受信するか否かを問えばいいだけの話で、わざわざ民事督促をする必要はない。

NHK受信料の支払い拒否を続けている人が集まるサイト「NHK受信料支払い停止運動の会」が、民事督促に関する質問及び相談を「督促ホットライン」として電話で受け付けた。「督促ホットライン」には、次のような声が寄せられた。「不祥事に納得がいかない。」「同和地区の人の支払い減免措置が納得できない。現代に合わないのではないか。」「NHKが映らないのに払うのは納得できない。」「年金暮らしで受信料を払えない。解約したい。」「裁判になったらどうしたらいいのか?徹底的に闘う。」等、受信料支払いを拒否している人の理由はさまざまだ。

NHKは受信料で運営が成り立っている公共の放送局だ。当然、受信料が減収すれば運営は必然的に成り立たなくなる。運営が成り立たないのであれば、NHKは局内の改革で努力するべきである。年収1000万円超とも言われる職員の報酬額を、現代社会の平均的報酬額程度まで引き下げるであるとか、民放のようにCMを入れ広告収入を得るであるとか、無駄なNHK関連団体を廃止して経費削減に努めるであるとか、番組制作費をさらに削減するとか、方法はいくらでもある。結局のところ、痛みを伴う改革は敬遠しているとしか言いようがないのが現状である。このように都合が悪い部分は玉虫色にし、国民から徴収した受信料で、好き放題経費を無駄にたれながしにしているNHKは、もはや公共放送としての役割を終えたと言っても過言ではない。そんなNHKが、今度は、国民から徴収した受信料で、不払いの人に対して民事督促を行おうとしている。民事督促の対象になっているのは48名だが、この人たちが支払いを開始したところでNHKの収入にどれ程プラスになるのであろうか。金額的には所詮は知れている。民事督促が裁判に進展した場合には「全員から全額徴収したとしても裁判費用がうわまわる」ことだけは確実である。民間企業ならこんな無駄な裁判はおこさない。

48名の民事督促対象は、NHKにとって受信料不払いの一握りの人たちである。まず最初にこれらの人たちを「威嚇」しておけば、今後受信料不払いが減るのではないだろうか、という計算が見え隠れする。これらの人たちが支払えば、NHKは次々と民事督促の手法で、不払いを続ける人に同様の手段をとるであろう。しかし事はそんな単純ではない。もし、仮に裁判に進展した場合どうなるのであろうか。NHKが、確実に勝訴できるとは限らないのである。受信料不払いを引き起こした原因はNHKにあるわけだし、NHKが公共放送の放送局としての役割を果たしていないと、裁判所に判断される可能性もあるからである。それに、部落地区での受信料免除や、集合マンションでのマンション1つを1世帯とした受信料徴収等、公平性を欠いた徴収が行われている事実がNHKにあるのは、NHKが敗訴に向かう大きな爆弾だ。


「NHK受信料支払い停止運動の会」は、NHKに対して徹底抗戦の構えをみせている。これは、時代に取り残された「公共放送」に対して、意義を問うひとつの試金石だ。数々の疑惑や職員の不祥事が連続するNHKは、あってもなくても国民生活に然程変わりがない。そもそも、国民の知る権利は、無償で提供されるべきである。有償であるならば、選択ができなければおかしな話である。NHKは一度解体して一民間企業として出直しをするのが相応しい姿なのかも知れない。


NHK受信料支払い停止運動の会(公式ホームページ)
NHK受信料支払い停止運動の会(ブログ)
工場で働いてみよう!住まいも完備で安心「夫婦やカップルでの就労も可能」
アクサダイレクト総合自動車保険(ネットで申し込みなら3500円OFF)

2006年10月23日 アドネットニュース編集部 

 

アドネットニュース に戻るにはここをクリック